Top > デザイン > 【ハード】IntelのSSD330x2(RAID0)をSATA2マザーに繋げてベンチとってみたよ

【ハード】IntelのSSD330x2(RAID0)をSATA2マザーに繋げてベンチとってみたよ

せっかくの連休ということで衝動買い。
インテル Boxed SSD 330 Series 120GB MLC 2.5inch 9.5mm Maple Crest Reseller Box SSDSC2CT120A3K5

公称スペックは単機で読み込み 500MB/s、書き込み450MB/s。
但しSATA3(6Gbps)での値。

これをP6TマザーのオンボードSATA2(3Gbps)でRAID0してみました。
ライトキャッシュバックはEnabled。
クリーンインストールではなく↓の体験版でイメージを取って復元。
容量が3年前のIOサムソンのSSDより微妙に減ったんで不安だったけどなんとか復元。
Acronis Disk Director 11 Home
一度MBR壊れた時は焦ったけどインストールディスクから修復するだけで起動できました。
OSとアプリはSSDに、デスクトップとマイドキュメント類はHDDで運用。
以下ベンチです。 

  • ランダム
  • 0fill

SATA3でベンチ測ってないのでなんとも言えないけど恐らく半分程度の値。
数字だけ見ると宝の持ち腐れだけど先代のIOサムソンのSSDとくらべて読み込みは大して変化なし。
書き込みは明らかに待ち時間が減りました。

  •  IOサムソン(エロサム)SSD

512kランダムは落ちたけど体感では3年使って殆ど変化なしの優等生。330も見習って欲しい。

とりあえずSATA2なのでベンチ的には物足りないけどHDDからの乗り換えであればSATA2でもコスト的にも悪くないかなと感じました。
SATA3の次が出るまでは速度的に頭打ちなんでマザー買い換えても使えるし。
というか価格的にあまり下見ると地雷が多いのでファーム更新があって安心できるメーカーとしては無難なのかも。
あとはSoundForceのコントローラがどう化けるか。
多分これが一番のネックだと思う。5年保証が3年保証になったのはなんか疑ってしまう。

コスパ的に最期まで悩んだのは↓。
書き込みの差が大きかったけどSATA2ならこっちのがベタかも。
Crucial 2.5インチ 内蔵型 SATA3.0対応 M4 SSDシリーズ 128GB CT128M4SSD2
いずれマザーごと買い換えるなら330か520かプレクのSSDとか。
東芝は・・・後出しにしては値段的にもスペック的にやる気が感じられない。

とりあえず、
・IvyBridgeにあまり魅力を感じず買い替える気になれなかった
・サブマシンをSSD化したかった
・Windows8まで我慢するのムリ
そんな理由で買っちゃった訳だけど後悔はしてないです。してないんです。

ただSATA3試したくなっちゃった。
マザーやら買い替えは無いとしてRAIDカードでいいのあれば買ってしまいそうな勢い。
Rocket RAID 640L(L付きが重要)というのが1万切ってスペック引き出せそうなので秋葉で探すも見つけられず。
ネットでも取り寄せになるとか。 

とりあえず保留でサブ用にUPS買う予定。寿命7年とか素敵にふざけてるんで半分人柱的に。
ユタカ電機製作所 常時商用方式UPSmini500II バッテリ期待寿命7年/筐体ブラックモデル YEUP-051MAB

んで、休み中にサブマシンに入れちゃったWindows8のCP版をレビュー予定。
一言で言えばメトロUIデザインした人はマジうん○。

Post a comment

*require

Copyright (C) 2016 inulab.